<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

マラソン大会

市の恒例行事らしい、クリスマスのマラソン大会に参加。

この大会は全員がサンタクロースなどの仮装をして参加するというユニークな大会で、子供が参加できる枠もあるというので長男の希望で、最終的には次男の付き添いとして私まで参加することに。

b0277212_2333593.jpg


1キロ半という短距離だし、子供もすぐ疲れて歩くとか言い出すだろうしと気軽に付き添ったら、いきなりすごい勢いで走り出し、周りをよたよたと走る小さな子供たちに挟まれた私は次男に一気に差をつけられ、かなり焦る。

おまけに

「あーあ、長距離なんて初めてだからあんなにはりきちゃって...。きっとその辺で疲れて歩きだすだろう」

と高をくくっていたら、走れど走れど次男の姿が見えずさらに焦る。


途中私が疲れて歩いたりしながら、やっとゴール地点までついて探しても次男の姿は見あたらない。

泣きながら私を探しているんだろうと思いきや、なんとゴール地点に置いてあった無料の食べ物スタンドでばりばりぼりぼり食べまくっており、かなり時間が立ってから待っていた私たちのところに姿を現したのだった...。

ちなみに長男に付き添った旦那も、後に続くのにかなりてこずったらしい。

来年は付き添い参加はやめにしようと誓った私たち夫婦だった。

b0277212_2364854.jpg

[PR]

by parisnews | 2013-12-16 02:33 | フランス生活  

ギロチン

先日会社の若い女の子(フランス人)と、パリで発砲事件をおかしたいかれた凶悪犯の話をしていたら、そのうちの一人が、

「フランスでも電気椅子を復活させればいいのに!」

と冗談交じりに発言したので、

「日本は未でも絞首刑やってるよ。でもフランスって電気椅子だったけ??死刑執行されていた時って…」


とつぶやいたものの、なにせ周りは20代そこそこの若い女の子ばかりで誰もギロチンが最近まで使われていちゃ事実をしらない様子….。



というか20代の人にとって20年以上前の話は、もはやすごい昔の話しなんだからしょうがないかと思いつつ、家で調べてみたらやっぱりフランスでは死刑制が廃止されるまでずっとギロチンが使用されていたことが判明!

1977年にギロチンで死刑執行か、すごいなフランスってと認識を新たにして感心してしまった。

ちなみに現在フランスでは刑務所が大幅に不足しており、劣悪な環境で拘束された囚人が国を訴えたり、刑務所の場所がないから釈放されたりする軽犯罪者もいるらしい。


さすがにギロチンを復活させたらいいとは思わないが、それにしてもこの状況なんとかならないんだろうか。

凶悪犯罪者の人権を尊重するあまりに、犯罪者が町をうろうろして一般市民の生活を脅かすなんていうのはちょっとひどい話だ。
[PR]

by parisnews | 2013-12-08 02:38 | あんなモノ、こんなモノ