<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

かぼちゃのサラダ

一昨年家族4人で旅行にでかけたロンドンのコンランショップで見つけたのがヨタム・オットレンギのレシピの本。

装丁が白いビニール地でなんとなく豪華、レシピの写真も美しかったのですぐにでもその場で購入したかったのだが、確か30ポンド以上という高い値段がネックとなり、

「張り切って買ってぜんぜん使わなかったら馬鹿馬鹿しいし。」

と一度はあきらめたものの、なんとなく未練が残り、その後帰りのユーロスターの駅構内にある本屋で見つけることができ、

「旅の記念に」

と思い切って購入したのだった。

紹介されているレシピは野菜レシピで、必要な材料が多かったりで、なんとなくとっつきにくい感じがするのも事実だが、思い切って作ってみると美味しいと感激するものばかり。

先日は久しぶりにかぼちゃを使ってサラダを作ってみたところ、これもなかなかおいしく、季節のかぼちゃの新しい食べ方が発見できて喜んでいる。

b0277212_2593424.jpg


レシピは


まずかぼちゃ1個を1センチほどの薄切りにし、オリーブオイル大匙2杯とカルダモン大さじ2杯、オールスパイス大さじ一杯を混ぜたものをかけ、210度のオーブンで150分ほど柔らかくなるまで焼いた後冷ます。

ライムは皮をむいて半分に切り、それをさらに8等分ぐらいに切る。

青唐辛子1個は細い輪切りにする。

ヨーグルト100グラムにゴマペースト30グラム、塩、ライムジュース大さじ一杯を混ぜ塩少々で味付けをする。

冷めたぼちゃ、どうがらしの輪切り、パクチーの葉をお皿に盛りつけ、ソースを上からかけて出来上がり。

[PR]

by parisnews | 2013-02-18 03:03 | 今日のご飯  

コーダリーの新製品発表イベントへ

定期購読している女性誌を開いたらコーダリーが新製品発表のイベントを行うとかで、読者を抽選で招待してくれると言う。

いつもこういう抽選には縁がない私だが、愛用中のコーダリーの製品を試すことができるということで、なんとなく応募したら当たってしまった。

当日たどり着くまでに一緒に行くはずだった友人が病気でいけなくなるなど色々ハプニング続出だったが、仕事帰りに会場のコーダリーの本社になんとかたどり着くことができた。

まずは待合室へ通され、葡萄ジュースやその他飲み物を待ちながら参加者(30代そこそこのおしゃれな独身女性風の人が多かった。)総勢10人程度が揃うのを待ち、その後最初のイベントである製品開発者による新製品の説明を聞く。

b0277212_19381058.jpg


説明をしてくれた男性はごく普通の気さくな感じな男性で、なるほど、コーダリーはこういう人が開発に関わっている会社なのかと一人納得。

その後は約20分のコーダリー製品を使ったフェイシャルエステ。

最後にコーダリーにちなみ(コーダリーはワインの風味が舌に残っている長さを表す単位らしい)、ワインの試飲と、目の前で陽子してくれるおつまみとデザートとの試食をしておしまい。

ワインの説明はよく理解できず焦ったが、最後に新製品「プルミエクリュ」の試供品と葡萄の苗木をお土産にもらって帰途へ着く。

久しぶりに仕事帰りに出かけたことも有り、イベント自体は1時間ほどの短いイベントだったのだが、良い気分転換になり、良い刺激を受けることができた。

今度はしばらくご無沙汰のコンサートや観劇などにも出かけてみたくなってしまった私...。
[PR]

by parisnews | 2013-02-12 19:44 | 試してます!フランス発コスメ  

現在の我が家のパン

以前より少しペースを落として週に2.3回くらいのペースで作っているパン。

ほぼホームベーカリ100%使って作っているので、手作りとは言えないかもしれないが、最近やっぱりオーブンで焼くとおいしさがぜんぜん違うこともあり、朝6時ごろに一次発酵まで終わるようにセットしておいて、その後時間があれば成型し、なければ型に入れたまま、オーブンを余熱している間に2次発酵させ焼いている。

そうするとやっぱり焼き上がりがカリッとするばかりか、勢いよく膨らんでくれるので、パン全体の見かけも出来上がりも良く、家族にも好評だ。

ちなみに写真は生地を少しだけ取り分けて焼いたバゲットで、これは見かけもまずまずの出来。

b0277212_2371419.jpg

[PR]

by parisnews | 2013-02-04 02:38 | パン作り  

カプラ

カプラという積み木をご存知だろうか?

かまぼこ板の超小型版のような素朴な積み木で、子供が学校で遊んだりしているのは知っていたが、長男が今年のクリスマスに欲しいというので、左側売り場に見に行った私達だが、ただの板の割には結構高くて驚いた。

カプラで作った作品を写真でみても余り驚かなかった私だが、自分の子供が横で作業しているのを見ていると、意外と素早く結構な精度のものが完成していて感心。

b0277212_17405043.jpg


なんだかカプラを極めると、将来は建築家になりたいなんて思っちゃうかも、と過大な期待をかける馬鹿な私だが、少なくともテレビゲームよりは健全なイメージだ。
[PR]

by parisnews | 2013-02-02 17:44 | 子育て