人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

やっとお迎え

今日で子供と離れ離れの生活はおしまい、明日の夜子供達を迎えに行き、週明け月曜日には自宅に戻り、火曜日から学校が始まる。

その2週間後には近所に借りたアパートへの引越しも決まっており、なんだか慌しい。

自宅はダンボールだらけで、新居完成の1年後にはまた同じ作業を繰り返すのかと思うとよけに気分が沈む。

借金取りに追われて狭いアパートに引っ越すとかではないんだから、これでもまだましだと自分を励ましてみるものの、なんだか効果はイマイチだ。

子供が戻ったらダンボールの山を見てさぞかし驚くことだろう。

by parisnews | 2012-08-31 01:08 | フランス生活  

泣き虫L君

週末子供の声を聞く為に、義父母の家に電話をした。

長男は従兄弟と遊ぶのに忙しく、少し電話口にでてきたと思ったらあっというまに遊びに戻ってしまいさっぱりしたものだったのだが、昼寝が終わったばかりの次男、Lはというと、電話口でパパの声を聞くなり、

「パパ、どうしてすぐに迎えに来てくれないの?」

と開口一番、ぐずったかと思うと、

うわーん と泣き出してしまい、その後私達が交互になだめると、その度に、

「うん、わかった」

と返事をするものの、最後は、

「パパ、バイバイ」

うわーん

「ママ、バイバイ」

うわーん と寂しそうに泣く声を聞きながら受話器を置いた。

子供が昼寝からおきてちょっとしたことで泣いたりするのは良くあることなので、タイミングが悪かったなだろうなあ、おやつを食べたらけろっとしているんだろうなあ、とは思うものの、こういう別れ方はとても後味が悪い。

気分的には毎日電話をしてやりたいところだが、こちらの都合で夜に電話をすると返って今回のように厄介なことになるのでここはぐっと金曜日に迎に行くまで我慢我慢。

b0277212_2433165.jpg


by parisnews | 2012-08-28 01:08 | 子育て  

イザベル・アジャーニ

先週末子供二人を義父母の家に預けて自宅に戻り、自由気ままというのか、だらしないぐーたら生活が始まった。

パリは少しずつ休み明けで人が戻ってきてはいるものの、まだ夏休みムード一杯ののんびりした雰囲気で、その分余計にこちらもだらけモードから抜けきれない。

そんな訳で、会社帰りにふらふらと駅の売店を覗いたら、急激に美しくなったイザベル・アジャーニの表紙が掲載された雑誌が目にはいった。

b0277212_2433053.jpg



年が年だから、10代そこそこの若い女優のように年月を得て美しく変身することは到底無理な訳で、、必ず医学の力が必要なはずと思い、中の写真を見てみたが、郷ひろみやカーラ・ブルーニのような無理に引っ張った跡は見られなかった。

やっぱりすごい大女優にはすご腕の外科医がついているのだろうか。

実はフランスに来る前、私の憧れの女優の一人だったのがイザベル・アジャーニ。

フランスでもやはり美貌と演技力を備えた「大女優」として一目浴びている存在ではあるものの、彼女の私生活に関するゴシップ記事や更年期障害で急激に太った姿などを目にするうちに、あまり興味が無くなっってしまった。

太ったのを隠す為に考案されたのか、こんな変なメークで登場して話題になったことも
b0277212_2433063.jpg




今回の雑誌の記事でも自分にとって「愛がどれほど重要なことなのか」と力説している模様だが、60歳近い年齢でこの容姿とこの発言、さすが大女優。

by parisnews | 2012-08-22 02:08 | 気になるアノ人  

二人は仲良し

成長するに連れ醜い諍いをするようになった二人の子供達。

なにせ男の子なので、二人とも最後は叩きあいの結果になることも多い。

しかし最近、笑いながら仲良く遊ぶこともが少しだけできるようになってきた。

下の子は、なんでもおにいちゃんの真似をしたがり、一緒に遊びたがる余り一人で楽しくやっているおにいちゃんのところまで行って結局邪魔をして最後は叩かれて泣くというパターンが多いのだが、お兄ちゃんが優しく教えてあげる良き兄の役目を買ってでてくれることも...。

先日なにやら楽しそうな次男の笑い声が聞こえてくるので、おやっと思って目を向けると二人でカードを使って楽しそうに遊んでいた。

b0277212_2433035.jpg


by parisnews | 2012-08-18 13:08 | 子育て  

イカのファルシトマト煮こみ

義父母の家に滞在中、夫と交代で料理を担当することが多い。

今回は休暇に入る前に勤務先の近くの本屋でスペイン料理のよさそうな本を見つけたので少し張り切っていたのだが、義父母と夫と4人で食べてみたいもののレシピを並べ、1週間のメニューを作るのも楽しい作業。

全員が食いしん坊なので、わいわい言いながら料理をするのも楽しく、またできたものをああでもないこうでもないと言ってみんなで食べるのも楽しいのだ。

さて今日のメニューはお昼にイカの詰め物をトマトで煮こんだものと付け合せのご飯。

イカはフランスではあまり気軽に買えない(スーパーには置いていなかったりあっても高かったり)こともあり、フランスに来てから急にイカが好きになった私。

義父がかって来てくれた大きなイカの胴の部分にイカの足と硬くなったパンを赤ワインに浸してやわらかくしたもの、たまねぎ、にんにく、唐辛子少々を炒めたものを詰めて、トマトで煮たものなのだが、イカがやわらかくておいしかった。

b0277212_2433041.jpg


by parisnews | 2012-08-16 04:08 | 今日のご飯  

ロレアルパリ リバイタリフトナイト トータルリペア

毎年この時期になると何か新しい化粧品を試したくなる私。

b0277212_243294.jpg
スーパーで売っている安いものを試して失敗したり(顔がひりひりして使用できなかった)、薬局で老舗メーカーのものを試したけど値段の割りにあまり効果がなかったりと今のところこれと言った出会いはない。

今回はイネス・ドぅ・ラ・フレッサンジュが広告に起用されており、本人もしきりに雑誌でアピールしているリバイタリフトという製品をスーパーで日本円にして1800円弱程度で購入。

日本では同じものは販売されていないようだが、日本市場では日本人の肌用に特別に処方されたものが販売されているということなのだろうか。

製品パッケージによると老化による10の症状(毛穴の緩み、くすみ、しわなど)に効果があるらしい。

とりあえず1回試したところ、ひりひりして使用に耐えられないということはないが、一日で何か急激に変化がでたということもない。

どういう効果がでるのか、しばらく様子を見てみることにしよう。

by parisnews | 2012-08-15 16:08 | 試してます!フランス発コスメ  

公園にて

義父母の海の家に滞在中は、16時ごろ昼寝から目を覚ます次男と一緒におやつを食べて(フランスのおやつの時間は4時)、日差しが和らぐ17時以降に海水浴へ向かうというパターンが多い私達だが、今日はちょっとパターンを変えて近所の森林公園へ。

一昨日くらいから急に気温が下がり、日中の気温はせいぜい23度前後なので海水浴をするにはちょっと寒いし、子供達もなじみの公園で遊べて喜んでいた。

長期休暇のすごし方は人それぞれだと思うが、あちこち観光をしてすごす家族よりもどこかなじみのリゾート地(必ずしも豪華という意味ではなく海辺などゆっくりすごせる場所)へ出向いてゆっくりすごすという人が多いというのが私の印象。

我が家の夏休みもこうやって特に何をするということもなくゆっくりと過ぎていく。

b0277212_3163510.jpg


by parisnews | 2012-08-14 03:08 | 子育て  

熱帯魚のフォーク置き

1ヶ月遅れで義母の誕生日を祝うという名目でご馳走をいただく。

テーブルクロスもきちんと変えて、義母があっという間にテーブルセッティングをし、立派なオマール海老をご馳走になった。

b0277212_2432912.jpg



食事中には気が付かなかったが、片付けの時にかわいい魚のフォーク置きがセッティングされていたことに気が付く。

フォーク置きは箸置きにも使えるので、私も自宅では日本で買った箸置きを代用したりしているが、このデザインは色使いがなんとなくフランスらしくて素敵。

b0277212_2432949.jpg


by parisnews | 2012-08-13 03:08 | あんなモノ、こんなモノ  

土曜日の朝市

毎週火曜日と土曜日は朝市の日。

義母は必ずなじみの店で野菜やソーセージ類などを調達するために出かけていくが、私はすごい人だかりで何を買うにも行列しなくてはいけないのでいつも夫と二人で後から顔を出すだけで終わり。

今日は季節の果物を少しだけ購入し、おみやげ用に近所で生産されているらしい蜂蜜を一瓶購入した。

食料品以外にも洋服やアクセサリー、生活雑貨なども売られており、人によると掘り出し物が見つかるらしいが、私はまだ未体験。

写真はチーズがあまり好きでない長男の好物、ベーコン入りチーズが売っているチーズ屋さん。さすがフランスだけありたくさんの種類チーズが売られている。

b0277212_2432950.jpg


by parisnews | 2012-08-11 21:08 | フランス生活  

海水浴日和

大西洋岸にある義父母の家に到着してからというもの、毎日夏らしい暑い日が続いている。

10年以上も前から毎年同じような時期に遊びに来ている私たちだが、私が海に入りたいなと思うほど扱ったのは本当に数えるくらいなもので、大概は浜辺で雑誌を読んでいれば事足りるくらいの気温の日が多いのだ。

昨日まで従兄弟たちも滞在していて、子供たちも大喜び。

私も数年ぶりの海水浴を楽しんでいる。

b0277212_243296.jpg


by parisnews | 2012-08-10 20:08 | フランス生活