<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

オリンピックが始まった

オリンピックがとうとう始まった。

今回は時差のほとんどないロンドンで開催されていることもあり、開催されている試合は一日中テレビの特番で放送されているのだが、フランス人の試合を片っ端からどんどん放送しているだけで日本人の出ている試合などは全く見ることができない。

当たり前の話だが。

フランスで日本の試合が放送される確立が高そうなのは女子サッカーか、柔道とかそんなところだろうと思うのだが、都合よく家にいる時間に放送されるのを祈るのみ。
[PR]

by parisnews | 2012-07-30 04:07 | フランス生活  

ロラックスおじさんの秘密の種?

子供達と初めて出かけた映画館、途中で泣き出したりしないようにもって行った次男のお気に入りのぬいぐるみのお陰か、1時間半の上映時間、無事に鑑賞することができた。

途中映画を見ながら隣にいるパパに話しかけたりする程度で、まあお利口にしていた言ってもよいだろう。

まだまだ昼過ぎには疲れてしまい昼寝が欠かせない4歳児、午前中の回だったので途中でぐっすり寝込んでしまうということもなくほっとした。

ちなみに長男は学校の映画鑑賞会で居眠りしてしまい、もともと神経質な性質なだけに、先生に注意されたことがトラウマになってしまい、毎回同様の映画鑑賞会があると行きたくないなどとぐずる。

大きな声では言えないが、鑑賞会当日に仮病で学校から呼び出されたこともある困った奴なのだった.....。
[PR]

by parisnews | 2012-07-23 13:07 | 子育て  

ロラックスおじさんの秘密の種

下の子が小さいこともあり、家族全員での映画鑑賞はいまだ未体験の私達。

夏休みだし、下のことも4歳になってるし、ということで、話題の映画「ロラックスおじさんの秘密の種」を見に行くことにした。

実は数年前、長男と二人で「カールじいさんの空飛ぶ家」を見に行って、長男が途中で怖がって半泣きになってしまい困ったことがある私。

同い年のよその子供が早い子だと3歳になるかならない頃から次々と映画館デビューをする中、かなり遅いデビューだったのにも関わらず、犬がうーと吼えるシーンでこんなに怖がるとはと内心飽きれてしまったのも事実だが、次回は絶対中身は吟味しなくては心に誓った私だった。

さてさて今回は子供達に喜んでもらえるのだろうか。

b0277212_2432775.jpg


[PR]

by parisnews | 2012-07-22 16:07 | 子育て  

久しぶりのバゲット

長男がバゲットを焼いて欲しいという。

ずっとホームベーカリーで楽してパンを焼いている私としては平日の朝のバゲットとは面倒くさい。

子供にも

「フランスパンは作るのが難しいんだよ。いつもうまく行かないから嫌だな。」

と言ってみたが、

「前は手で捏ねていたのに、機会つかっていんちきしているからだよ」

なんてことを言う。

仕方が無いので朝捏ねて休ませる所までホームベーカリーでやっておいて、早速成型に取り掛かる。

生地のふくらみ具合はいい感じだが、果たして焼いてみると....。


やっぱり皮の感じがお店とは違うもののまあまあのバゲットができた。

b0277212_2432747.jpg

[PR]

by parisnews | 2012-07-18 15:07 | パン作り  

パリ祭

今年も曇り、時々小雨と冴えない天気ではあったが、パリ祭の空のパレード?を見に近所の広場へ。

この場所から飛行機が凱旋門めがけて飛んでいくのが良く見えるのだ。

b0277212_2432691.jpg


[PR]

by parisnews | 2012-07-14 22:07 | フランス生活  

夏休み

今週から子供が夏休みに入り、学校が集合場所となる託児センターに通っている。

休みだけあって学校内で遊ぶだけの時もあるが、校庭でボーリングとか、テレビのある部屋で映画館のようにポップコーンを食べながら映画鑑賞とか、いろいろ企画してくれているようで子供達は喜んでいる。

週に1、2回はお出かけもあり、私がまだ言ったこともないようなちょっとしたテーマパークに出かけることも。


なかなか暑くならない今年の夏だが、やっぱり私も8月頭の夏休みが待ち遠しい。

b0277212_2432632.jpg


[PR]

by parisnews | 2012-07-12 01:07 | 子育て  

アパート探し

現在の住居は9月中旬に売却する予定であり、新居が完成するのは早くても来年6月末となる予定である為、賃貸物件を近所で探し始めた私達。

意外と物件が少ないのに驚くのと同時に、結構探している人が多いという事実に驚く。

土曜日の午前中に見に行ったアパートには既に私達の他に3人が一緒に来ていて、思わず、

「こんなに探している人がいるのか」

と驚いた。


たかが1年弱住むだけだからとは思っても、見学したアパートはかなり傷んでいる個所も見受けられ、売却する時に必死に綺麗にした自分のアパートと比べると明らかに見劣りするし、こんな状態でも一杯人が見に来ている事実を前に、

「不景気ということなのか...」

と考えたりする。

近所の人の話では、数年前はどんどん売却されていった物件が、今では売れるまでだいぶ時間がかかったり、売れなくて売却を一時中止しようとする人もいるとかで、改めた自分達はラッキーだったのかなと思ったり。
[PR]

by parisnews | 2012-07-09 01:07 | パリ近郊で住み替え  

美女と野獣

先日農家の嫁または婿をテレビの番組の中で募集して、カップルができる様子を追っていくという番組を見ながら、

「この2人は釣り合わない」

とかなんとか好き勝手なことを言っていたら、夫がふと、

「もっとすごいカップルがいる。写真を見せてあげる」

と言って嬉しそうにネットで検索を始めた。

必死に検索しているキーワードを横目で見ていると、

「美女と野獣」

なんて書いてあり、思わず、

「ねえ、その見せたい写真、そもそもどうやって見つけたの?まさか会社でそんな馬鹿な写真検索している訳じゃないよね??」


と聞いたら、

「違うよ。ニュースになった位の驚きのカップルなんだ」

と言って、ニヤニヤしながら ある写真を見せてくれた。

確かにそこに写っているのは年の差もさることながら、正直余り素敵には見えない(というか劇に出てくるブ男の特殊メークでもしているような)男性とそこそこに若い女性のカップル。

ニュースになったのは田舎の男性が資産家で、相手がパリの不動産屋勤務のすごく若い女性で、(法律で義務付けられている)役所での結婚式の時に村人のブーイングにあったから。

どうも村人は、こんな不細工な男の所に若い都会の女が嫁入りしてくるのは、金目当てに違いないと決め付けたらしい。

これはこれで大変失礼な話だが、実際にこの夫婦、結婚の1年半後に妻は行方不明になり、悲嘆にくれる夫の話が記事になっていた。
[PR]

by parisnews | 2012-07-04 02:07 | 夫婦の会話