<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

手強い相手

義母にアドバイスされた「お仕置きの後の駄目だし」。

私達に足りなかったのはこれなのかもしれないと思い、早速実践中だがやっぱりそううまくは行かないようでガッカリ...。

-例えば寝る時間になってもなかなか言うことを聞かなかった時には、寝る前のお話なしとか、
-食事のデザートの時に席を離れて、そのまま遊んでいて席に戻らなかった時には、デザートなしとか、

色々試したが、すごい勢いで絶叫し、泣き叫び続けるといういつものヒステリー状態になった後、

「ごめんなさい」

と一応謝るものの、特に言うことを聞くようになったとかいうこともなく、毎回同じことの繰り返し。

いい加減私も疲れるし、体力にも限界があるので、本当にもう少しいい子になってくれないかと思うのだが、やっぱり繰り返し言い聞かせて時が解決するのを待つしかないということか....。
[PR]

by parisnews | 2012-02-29 21:02 | 子育て  

小春日和

子供達を迎えに土曜日夜からノルマンディーの義父母の家へ。

翌日のお昼はセーヌ川沿いにある小さな町にあるレストランで食事をした後みんなで散歩をしたのだが、真冬日だった先々週とはあまりに違いまるで春がもう来たかのよう。

子供達も元気一杯走り回れて嬉しそうだった。


b0277212_3171380.jpg


[PR]

by parisnews | 2012-02-27 05:02 | フランス生活  

進化するベランダ

私の現在の関心事はベランダの改造。

なにせ小さい空間なので改造と言っても限界があるのだが、ここ最近売却中のアパートを見に来た人たちが難点としてあげるのが、

「向かいのアパートがすぐ傍に建っていて視界に入る」

ことであることもあり、少しでも視界を遮るように更に大きなカメリアの木を買ってしまった。

最初は植木に数千円以上の金額を使うのに気がひけたので小さなカメリアでお茶を濁していた私だったが、色々見てまわるうちに相場が分かってきたのか

「この値段なら買っても良いか」

と納得して買い物するようになった。

それに反比例して衣服などに使う小遣いは激減しているのは事実だが、なにせはまっているので全く苦にならない。

今日の訪問者はパリ市内で物件を探している夫婦で、古い建物ばかりみてきたらしく、築8年と比較的新しい我が家を気に入ってくれたらしい。

ベランダも気に入ったようで頑張った甲斐があった。

「4人でご飯が食べれるくらい大きいベランダだと言うこと無いんだけど。」

と言うコメントもあったが、それはいくらなんでも無理!!

b0277212_3171379.jpg


[PR]

by parisnews | 2012-02-22 04:02 | パリ近郊で住み替え  

姑の助言

私の場合遠く東洋の国からやってきた嫁を快く受け入れてくれ、色々お世話になる機会も多く頼りになるのが夫の母、即ち姑なのだが、それでもやはり世間で良くありがちなちょっとした諍いというか、小競り合いというのは日常茶飯事。

取り分け躾の難しい次男の教育を巡っては色々あり、古いところでは出生時の母乳育児のことから始まり、現在に至るまで色々アドバイスされることもあり、その度に心穏やかで居られない私である。

ノルマンディーの義父母の家で過したこの週末、食事中ちょっとした次男のお行儀の悪さのことで義母に注意された次男が

「空手でやっつけてやる。」

と口答えしたらしく、挙句の果てに「ベー」と舌までだして反抗した為義母は怒り心頭。

こうやって書いていると、確かに傍目には躾の悪い子供そのものという感じだが、いつも接している私達夫婦にとっては、

「空手でやっつけてやる。」

は長男の柔道教室でたまたま一緒になった空手の先生から4歳でもできる教室があると薦められたこともあり、最近すっかりやる気になっている次男が頻繁に口にする言葉で、いつもは私達や大人に面と向かっていうせりふではなく、私達が

「そんなことすると学校で先生に怒られるよ」
「そんなことすると犬が怒って噛みついてくるよ」

などと言った時に、次男が冗談半分で返してくるセリフであり、毎回馬鹿なことを言うなとこちらも窘めているのだが、義母は相当悪く解釈したらしく、私がテーブルから一旦離れさせ、離れた場所で20分程こってりしぼって謝らせた後に、

「もう絶対にあんなことを言ったり、舌をだしたりしたら駄目だからね!」

と言いながら席につかせて最後のデザートを次男に渡したら、

「私だったら悪いことをした後にデザートは絶対にあげない。あの子は言うこと聞かないから、一番嫌がると思うことを敢てやらないと。」
「最近17歳の学生が小遣い欲しさに同級生を殺したというニュースを聞いた?厳しくしないとああなるわよ。」
「H(長男)の時は、あなたはしっかり言い聞かせていたのに…。」

などと、言ってくるのですっかり頭に来てしまって、

「でもこれ以上厳しくしてお仕置き部屋に一日閉じ込めて置くわけには行かないでしょ?」。

と思わず反論してしまった。

夫は案の定、

「あれはふざけて言っただけで悪意があった訳ではない。リアクションがオーバーで癇に触る」

と言うのだが、冗談であっても今回のように悪く受けとめる人が居る以上、厳しく言ってきかせるのは当たり前のことであるのも事実。

お仕置きの後の更なる駄目出し。

今まで試したことがなかったのだが、意外と効果があるのかも?
[PR]

by parisnews | 2012-02-20 19:02 | 子育て  

プレッツェル ?

発酵時間が少ないこともあり、最近はまっているのがプレェツェル。

20分程いつもより早起きしてタイマーをセットしておいたホームベーカリからこねあがった生地をだして成型すれば、朝ごはんには焼きたてのプレェツェルが食べれると言うわけ。

問題はコンパクトなパンなので、何時もの食パンと同じ量の小麦粉で作っても無くなるのがすごく早いこと!

作るのが楽しいと言うのもあるが、どちらかと言うと朝おいしいパンが食べたい一心でパンを焼いている私としては、一日でパンが消えるように無くなっていくのは都合が悪い。

b0277212_3171210.jpg


[PR]

by parisnews | 2012-02-16 04:02 | ブログ  

3・11メモリアルコンサート

パリのユネスコ本部でチャリティーコンサートが開かれるというので早速券を購入した。

チケットの売り上げは全て被災者への寄付金として使われるとのことなので、もうすぐ4歳になる次男が入場拒否される可能性も大だが、まあ寄付するんだからしょうがないかということで。

福島県郡山市で高校生活を送った3年間。

高校時代の友人やお世話になった人たちのお役に立てればと思い、震災以来毎月積み立てることにした募金用貯金をどこへどうやって寄付しようかと考えている所に舞い込んだコンサートの知らせで、不謹慎だがなんだか得した気分。

15年近く前、短期留学していたパリでふらっとでかけてみたラムルー管弦楽団の公開練習で、フランス語と英語を駆使しながらオーケストラに指示をだしていたのが佐渡裕。
以来日本でもスーパーキッズオーケストラの監督で話題になったりしているのを耳にして、今度は子供を連れてコンサートに出かけてみたいと思っていたのだ。

さて、家族4人で干渉できるのかどうか??
[PR]

by parisnews | 2012-02-14 22:02 | 今朝のニュースから  

プールの付き添い

毎週金曜日の午後は長男は水泳の授業を受けに市の温水プールに通っている。

クラスごと貸切バスに乗って車で5分ほど離れた場所へ向かうのだが、着替えや移動をスムーズに行う為に父兄の中から希望者を募って引率してもらうことになっており、昨日は長男からの強いリクエストで引率係として出掛けてきた。

2列になって学校から出てきた長男のクラスメートは7歳と言ってもまだなんだか幼くて可愛らしい感じ。

おまけにみんな人懐っこくて、行きのバスでは

「H君のことが大好きなの」

と宣言する保育園時代からの幼馴染エステルちゃんのリクエストで隣に座る。

また着替えの時に手伝った女の子の更衣室では、なんだかちんたらちんたらと着替えをするたくさんの女の子たちをせかしピチピチのズボンをはかせたりしながら、のろいのは家の子だけではなかったと少し安心した。

b0277212_3171211.jpg


[PR]

by parisnews | 2012-02-12 00:02 | 子育て  

フランスの原発

フランスではこのところ記録的な寒さが続いており、暖房による電気使用量が急増しているので節電を呼びかけている市町村もあるらしい。

そうでもしないと停電になってしまう恐れがあるということらしいが、同時に、

「原発停止を決定したドイツは、火力発電などをフル稼働させてCO2を撒き散らしている」
「原発反対派は、こういう危機的な状況まで想定できないない。」

など、原発肯定派の意見がちらほら聞こえるように。

最近はフランスの大統領選が近づいてきており、原発に対する各政党の政策についてメディアで報道されることがあるが、

与党の政策は老朽化している一部の発電所においては費用が割高になっても必要な整備を実施
特定の発電所を閉鎖する予定はなし

というところ。

対抗する社会党の候補も原発を減らしていこうという方向にはあるようだが、大きな改革を打ち出すことはなさそうだ。、
[PR]

by parisnews | 2012-02-07 21:02 | 今朝のニュースから  

0度を超えない日々

寒い....。

今朝はとうとう雪が降り、あまりに寒いのにベランダに降り積もった雪が溶けずに残っていてなくならない。

せっかくベランダの掃除をしたのにこれじゃまた暖かくなったら全部やり直しだな....。

パリ近郊の我が家でさえこの様なので、義父母のいるノルマンデイーも当然ながら雪が降り積もっていると言う。

当分この寒さは続く模様だが、冬休みの始まる再来週末には義父母の家に子供達を無事預けに出かけることができるのだろうか....。

b0277212_3171062.jpg


[PR]

by parisnews | 2012-02-06 01:02 | フランス生活  

名誉挽回

一度寝付くと周囲がうるさくてもなんのその、起こしてもなかなか起きてこないのが長男。

対して眠りが浅く、赤ちゃんの時から夜鳴きが多くて、3歳半になった現在も朝4時ごろ目を覚まして

「電気をつけて!」

と大きな声でリクエストされることも。

今日は5時半ごろベットから起きだして私の寝ている部屋までやって来たのでどうしたのか聞いてみると、

「ワンピースのぬいぐるみをご飯のテーブルに忘れた」

と言う。

「ワンピースのぬいぐるみ」とは次男のお気に入りのぬいぐるみの一つなのだが、こんな早朝に目を覚ましてよくそこまで気がつくもんだと感心。

頑固でいたずら好き、怒られても何度でも同じことをするので、

「ひょっとして頭が。。。」

と心配になることもある私だが、子供らしく記憶力の良い面もあるようでちょっと安心した。
[PR]

by parisnews | 2012-02-03 22:02 | ブログ