人気ブログランキング |

<   2011年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

フランスのセクハラ事情

ドミニク・ストロスカーンの婦女暴行事件以来、

「フランスで権力者がセクハラを行っても、実証するのが難しく、裁判沙汰にならない。」
「有力人物によるセクハラは、社会的に認知される傾向にあり、メディアも取り上げない。」

など、日本人よりも強いとばかり思っていたフランス人女性にもこんな事情があるのか、在仏10年にして驚いている。
実際私の周囲には、いわゆる「有力者」と呼べるような人は余りないし、いたとしてもそんなことを私や他人に告白するはずもなく、また被害にあったという話も聞いたことがない。

しかしながら、フランス革命で王様の首を切断し、「自由、平等、博愛」を唄う国とは言え、階級制度のなごりを感じることもあるのがフランス。
規則は存在しても、コネが有無を言わせることも多く、また貧富の差が大きいと感じることも多い。
有力者によるセクハラ黙認もそういう昔からの習慣ということなのか??

by parisnews | 2011-05-31 21:05 | フランス生活  

イモーテル ディヴァインアイセラム その後

オキシタンの美容液を使用し始めて、早2ヶ月弱。

効果のほうは、気になっていた鼻の周囲の肌の肌理の粗さは改善された(若返ったということか?)ような気がするが、2ヶ月ちょっとで3分の2ほどなくなってしまい、コストパフォーマンスが余りよろしくない。

しかも乾燥肌の改善度があまりよくなく、とてもじゃないが残念ながら、リピートする気になれない。

まあ単に私にはあっていなかったということなのかもしれないが、これが無くなったらやっぱりコーダリーの美容液に戻ることになりそうだな。

by parisnews | 2011-05-30 20:05 | 試してます!フランス発コスメ  

柔道の大会

年に1回の長男の柔道教室のミニ選手権。

同じ体重の3人ほどの子供がグループになり、試合をする。

去年は意外に2回とも買ってしまい、一応グループで1番ということで、親もびっくりだったのだが、「今年はそううまい具合にはいかないだろう....」
「負けたらどうやって慰めようか」
「どうやって来学期もやる気を失わせずがんばってもらえるだろうか」

と少々配した私達。

何だか柔道も判定の仕方が良く分からない私達で、今年は2回とも負けだと思ったのだが、なんと表彰の時に実は2回と勝っていたことがわかり大喜び。

まるでオリンピックで優勝したかのうに感動した親ばか私だった....。

試合観戦中、道場を走り回って迷惑をかけた次男も、試合終了後に長男とパパと柔道ごっこをしてすっかりやる気なのがなんだか笑える。

b0277212_3162838.jpg


by parisnews | 2011-05-29 03:05 | 子育て  

テニス

長男のここ数ヶ月のお気に入りはテニス。

コートを借りると結構な値段がするし、公園では他の子供の迷惑になるので近所にある大学の建てものの前で練習するのが常だ。

週末は無人で、車が通れない場所なので都合が良い。


b0277212_316281.jpg


by parisnews | 2011-05-28 03:05 | 子育て  

まじめな主婦

日本で料理の本を色々買って帰っていた気ともあり、ここ最近まじめに楽しくご飯を作っている。

ちなみに昨日の献立は、例の本を参考に

薄切りトマトのサラダ(タコのマリネとセロリ、キュウリを加えた豪華版)
ハンバーグ
ジャガイモとインゲン
パン

というごくごく平凡だけど、だからこそこうして人様が見るブログにも書けるメニュー。

この本のメニュー、平凡なおかずが一杯乗っているので、アマゾンで中身を見ずに買ってしまった事を後悔した私だったが、意外と細かく詠み込んでいると色々発見がある。

例えば一番最初のメニューは「オムレツメニュー」
見た瞬間は、「オムレツか」と思った私だが、自己流でつくるのとは一味違い新鮮な味。

ちなみに一昨日は、同じく日本で買った「めんどくさがりやさんの、野菜生活。」より、

キュウリとアボガドのナムル
韓国風お好み焼き

という野菜だけのメニューを用意した。

by parisnews | 2011-05-27 23:05 | 今日のご飯  

教育ママ

今年4月から、日本にいれば小学校に入る年になった長男。

3歳の時から続けているベネッセの子供向け教材だが、4月から赤ペン先生の添削が始まったり、楽しみにしていたビデオ教材が少なくなったりで、すっかりお勉強モードに替わってしまった。

もちろん子供が出来ればそれに越したことはないのだが、今までだって教材をすべて終了することができない長男。

なにせアルファベットで躓いた長男なので、料金も高くなったし、もう辞めようかと持ちかけたところ、

「やりたい」

の一点張り。

夫に相談したら、

「まだ子供だから、自主性にも限界があるし、放っておいても駄目に決まっている。親がサポートしてあげなきゃ。」

ともっともらしい答えが返ってきた。

そんな訳で現在も続いている学習教材、意外と長男もやる気を継続させており、自分から勉強したい、テストを送ると言ってくれるので、私もできるだけ横に座ってお付き合い。

そもそも長男は6歳にしてひらがなも殆ど読めないし、全ての単語を知っている訳でもないのでいちいち問題を読んだり、意外とこのお付き合いも大変だ。

算数はすらすらできても、同じひらがなで何度も躓かれるイライラしてきて、やさしく根気よく教えつつ、家事も下の子の面倒を見るのは難しい。

by parisnews | 2011-05-25 04:05 | 子育て  

トイレでおしっこ

先週オムツに逆戻りしてしまった次男。
案の定、オムツにじゃーじゃおしっこしてくれて、まったくトイレに行く気配がなかったと言う。

少々頭に来たので、週末は意地でもオムツを履かせずに、お出かけもパンツで通した。

さすがに最初は調子が狂ったのかお漏らししていたが、やはり前のようにトイレに行くのを過剰に嫌がることも無く、トイレでおしっこもウンチもできてやれやれ。

保育園にも事情を話して、「行きたくない」と言っても信用せず、もう一度誘えってトイレに連れて行ってもらうことにした。

結果は、昨日も今日も失敗なし。
はー良かった。

b0277212_3162780.jpg


by parisnews | 2011-05-24 04:05 | 子育て  

高齢出産

最近妊娠していることが発覚したカーラ・ブルー二とシャルロット・ゲンズブールは共に40代。

フランスでも増加傾向にある40代以降の妊娠について以下のようなデータが新聞に掲載されていた。

・第一のリスクは妊娠する確率が大幅に減少することで、45歳では子供を望む女性の80%は妊娠できない。

・フランスでは年30,000人程度の40歳以上の女性が出産している(1980年は8600人)

・40歳以降はダウン症のこともの確立が年と共に増加し、25歳では900人に一人の確立である野に対し、45歳では28人に一人となる。

尚、フランスで高齢出産が増加している背景には、日本のように仕事でのキャリアを重視する女性が増えているなどの事情と共に、再婚した男女が再び子供を欲しがるなどの事情があるそうだ。

日本ではまだまだ珍しいと思われる子連れ離婚者同士の再婚カップルが、フランスではよくある家族の形なのだ。

by parisnews | 2011-05-23 22:05 | 今朝のニュースから  

ピクニック

本当に毎日毎日晴天続きのフランス。

今日も数日前の予報では少し気温が下がり、天気が崩れるような予報だったのに、結局一日暑いくらいの晴天で、友人達とピクニックを楽しんだ。

他にも子供がたくさんいて、我が家のワルガキも大喜び!

b0277212_3162727.jpg


by parisnews | 2011-05-22 02:05 | フランス生活  

名前の省略

フランスで生活するようになってちょっと驚いた習慣の一つが、長い名前の持ち主は勝手に省略して呼んでしまうこと。

例えば、同僚に、

ジャンフランソワ というジャンとフランソワと2つ名前をくっつけたようなフランスではよくあるパターーンの名前を持った男性がいるのだが、この彼の通称は

「ジェフ」 *J(ean) (rancois)

私はてっきりアメリカンないずされた名前の持ち主ばかりだと思っていたので、本当の名前を聞いた時には驚いた。

そしてもう一つの例は今話題のドミニク・ストロスカーン。

彼の名前も、苗字がストロス カーンとちょっと長いので、全ての名前の頭文字をあわせて(ominiaue)(trauss)(han)、デーエスカー(ディーエスケーのフランス語読み)と呼ばれている。

長いからって勝手に人の名前を省略するなんて....と戸惑うのは日本人の感覚のようだ。

by parisnews | 2011-05-20 21:05 | フランス生活