<   2008年 08月 ( 47 )   > この月の画像一覧

 

SOMEWHERE ブーツ

SOMEWHEREという、近所のショッピングセンターで何度か覗いたことがある洋服のお店からDMが届いた。

なんと商品を1点購入すると、2点目から50%OFFになると言うので早速カタログを見てみたところ、いい感じのブーツがあったのでお店で実物をチェックして早速購入。

b0277212_2114220.jpg


写真の右端と左端にあるのがそのブーツなのだが、そのままロングブーツとして履けるだけでなく、折るとショートブーツにもなるという便利もの。

半額で日本円にして約8000円と安いし、とっても使い勝手が良さそうなので得した気分だ。

ところで 「夏でも皮ブーツ」 というのが最近の流行らしく、そんな暑苦しいのは考えられないと思っていた私だが、さすがはパリ、涼しい日も結構あるので最近は通りでこういうスタイルを見かけることも。
[PR]

by parisnews | 2008-08-31 12:08 | あんなモノ、こんなモノ  

カタツムリ

今日はなんだか真夏のような暑い一日だった。

夫と長男は昼前に一度近所の公園へでかけ、その後家で昼食、昼寝。

その後近くのショッピングセンターへ行った帰りに、再び公園へよると途中で親友ライアン君がやって来た。

「おいで、ライアン、カタツムリを見つけたよ」

と長男のHが茂みで見つけたカタツムリを得意げに披露したあと、ライアン君がカタツムリの歌を歌ったりして、大喜び。

b0277212_1954974.jpg

「ツノ出せ、やり出せ、頭出せ〜」

[PR]

by parisnews | 2008-08-30 06:08 | 子育て  

変身

未だにしつこく、

「このぼさぼさの髪の毛さえなければ」

と次男のLを見る度思ってしまう私。

お風呂の時に、こんな髪型だったら良いなと写真にパチリ。

b0277212_1965344.jpg

[PR]

by parisnews | 2008-08-29 06:08 | 子育て  

公園友達

私たちの住むアパートは、所謂新興住宅地にあり、周囲に住んでいるのも同世代の小さな子供が居る家族ばかり。

子供を遊ばせる大きな公園が近くにあって、便利が良い。

今週は、夫と子供を家に残して出勤している私だが、帰宅する頃には夫から毎日にように、

「子供と公園に居るから」

と携帯にメッセージが残っていて、帰宅途中に公園によっていくと大抵息子の保育園仲間が最低1人はいて、お母さん達と世間話をして帰ってくることも多い。

一昨日は保育園仲間のエゥエン君、ライアン君、ルカ君の3人が勢ぞろいで、長男も大喜び。

しかもこの3人のお母さんは私と似たような時期に出産しており、お互いの子供の成長に驚いたり、ちょっとした情報交換をしたりで子供同様楽しいひと時を過ごした。
[PR]

by parisnews | 2008-08-28 20:08 | 子育て  

主夫万歳

わが夫が、3週間の休みをとって、次男が保育園に入る9/15まで子守をしてくれることになった。

「まあ、さすがにフランスの男性は違うわね」

という驚きの声が聞こえてくるようだが、実際私の周囲には意外と子守のために長期休暇を取るような男性は殆どおらず、出産後は保育所の空きが出るまで奥さんの方が長期休暇を取るパターンが一般的だ。

我が家の場合は、私が育児に理解のない日本企業(というか独身女性責任者のもと)で働いていることと、夫の方が有給日数が圧倒的に多いこともあり、夫が3週間も休んでくれる事になったという訳だ。

さて、

「急に2人の育児と家事を完璧にやってもらおうと期待しては行けない」

と覚悟していたのだが、初日の火曜日帰宅してみると、家は意外なほど片付いており、夕食の支度まで出来ていて驚いた。

「なんだ、やればできるじゃん!私はすごいスーパーマンと結婚しちゃったのかも。この調子で明日は子供のお風呂まで入れてくれると完璧だな。」

と浮かれていたら、昨日は一転して自宅が泥棒に入られたかとでも思うほど散らかりまくっていた。

幸い子供は部屋が散らかる事なんて気にしないパパと遊べるのは、すごく嬉しい様子。

めったに無いことなのだから、思う存分好きなようにやってもらうことにしようかな。
[PR]

by parisnews | 2008-08-27 20:08 | 子育て  

佐渡 裕

最近日本の新聞や、雑誌で度々佐渡裕さんの記事を目にする機会があった。

10年以上も昔パリで3ヶ月ほど短期留学をしていた際に、ラムルー管弦楽団というフランスの聞きなれない楽団が、1日公開練習とその後コンサートを行なうというので出かけたことがある。

そこで、初めて知ったのが、首席指揮者だった佐渡裕(サドユタカ)さん。

その頃私はフランス語初心者で必死にフランス語を勉強している最中だった事もあり、音大の学生指揮者達に指導するコーナー等で、たどたどしいフランス語でもきちんとコミュニュケーションを取っている姿が印象的だった。

言葉ができなくても伝えるなにかがある人にはそれほど、障害にならないものだなと今でも時々思い出すことがあるほど。

b0277212_1954657.jpg

[PR]

by parisnews | 2008-08-26 20:08 | 気になるアノ人  

寝不足

子供と再び一緒に生活するようになって、母乳量を戻すべくミルクを足さずにせっせと母乳をあげていた月曜日。

義父母の家では、「ミルクの方が子供の機嫌が良い」と指摘されたこともあり、1日2回ほどミルクを足していたので、夜はぐっすり寝てくれていた次男だったが、夜はなんと4回以上起きて授乳しなくてはならなかった。


子供と数日離れても母乳」、現実は中々厳しい。
[PR]

by parisnews | 2008-08-25 20:08 | 母乳育児  

カイピリーニャ

初めて飲んだのは、友人と待ち合わせをしたパリのメキシカンレストラン。

その名もカイピリーニャは、ライムをたくさん入れて飲むブラジルのカクテルだ。

b0277212_1971828.jpg


普段お酒を飲まないのに、その時、ウエィターが間違えて私の分まで持ってきてしまったので、思わず空きっ腹に一気飲みしたら、後で酔い回って意識を失った。

義父母の海の家で過ごす最後の夜、夫と義父母がカイピリーニャで乾杯していたので、そんな古い記憶が蘇った。

結婚する前の話だから、かれこれ7年以上にもなるのか。
[PR]

by parisnews | 2008-08-24 04:08 | あんなモノ、こんなモノ  

オリヴィエ君

私が渡仏して、約1年後に産まれたのが甥のオリヴィエ君、6歳。

とてもかわいい赤ちゃんだったなという記憶はあるのだが、その後私が妊娠、出産と忙しくなったり、義姉夫婦があまり義父母の家に来ることがなくなったことも手伝い、大きくなってからのオリヴィエ君と一緒に生活したことは今まで全くなかった。

ところがこの8月、息子たちとほぼ同時期を義父母の家ですごしたこともあり、一緒に海に言ったり、話したり、今更ながらこういう性格だったのかと発見した。

毎朝11時20分に浜辺の水泳教室に通っていたので、一緒に2回ほど夫と子供と付き添ったのだが、2回目に夫が先生から、「オリヴィエ君のお父さん」と勘違いされていたことが判明。

まあフランスには再婚カップルが多いから、別に不思議ではないか。

b0277212_1973298.jpg

義理の兄弟?

[PR]

by parisnews | 2008-08-23 01:08 | フランス生活  

子供と離れても母乳

母乳で育児をしているお母さんは、子供と数日間離れるなんて不可能と思っている人もいるかもしれないが、答えは×。

私は今回最初は週末を挟んで6日間、その後は平日の5日間、子供と離れて生活したが、心配するほどのトラブルもなく、結構何とかなるものだと実感した。

ただし、定期的に搾乳をするなどしないと胸が張ったり、その後は母乳の量が急激に減ってくるので、仕事が終わっても、遊びに直行という訳には行かないのだが…。

その後48時間は、母乳量を元の量に戻すためにかなり頻繁に授乳したりと、気をつけなくてはいけないこともあるにはあるが、子供と数日離れるから断乳しなくて行けないということはない。

なんだかんだで子供ももうすぐ6ヶ月、離乳食も始まるし、ちょっと一息つける日も近い。
[PR]

by parisnews | 2008-08-22 02:08 | 母乳育児