カテゴリ:気になるアノ人( 18 )

 

イザベル・アジャーニ

先週末子供二人を義父母の家に預けて自宅に戻り、自由気ままというのか、だらしないぐーたら生活が始まった。

パリは少しずつ休み明けで人が戻ってきてはいるものの、まだ夏休みムード一杯ののんびりした雰囲気で、その分余計にこちらもだらけモードから抜けきれない。

そんな訳で、会社帰りにふらふらと駅の売店を覗いたら、急激に美しくなったイザベル・アジャーニの表紙が掲載された雑誌が目にはいった。

b0277212_2433053.jpg



年が年だから、10代そこそこの若い女優のように年月を得て美しく変身することは到底無理な訳で、、必ず医学の力が必要なはずと思い、中の写真を見てみたが、郷ひろみやカーラ・ブルーニのような無理に引っ張った跡は見られなかった。

やっぱりすごい大女優にはすご腕の外科医がついているのだろうか。

実はフランスに来る前、私の憧れの女優の一人だったのがイザベル・アジャーニ。

フランスでもやはり美貌と演技力を備えた「大女優」として一目浴びている存在ではあるものの、彼女の私生活に関するゴシップ記事や更年期障害で急激に太った姿などを目にするうちに、あまり興味が無くなっってしまった。

太ったのを隠す為に考案されたのか、こんな変なメークで登場して話題になったことも
b0277212_2433063.jpg




今回の雑誌の記事でも自分にとって「愛がどれほど重要なことなのか」と力説している模様だが、60歳近い年齢でこの容姿とこの発言、さすが大女優。
[PR]

by parisnews | 2012-08-22 02:08 | 気になるアノ人  

ネマニャ・ラドウロヴィッチ

テレビのヴァラエティー番組で、注目のヴァイオリニストとして紹介されていたのがこの人

風貌がクラシックっぽくなかったので、オーケストラの前でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を弾き始めた時にはちょっとびっくり。

特に最近のクラシック界に詳しい訳ではないのだが、自由に、楽しそうに演奏する姿にこれが天才と言うものかと圧倒された。

現在フランス国内をツアーで回っているようなのだが、残念ながらパリでの演奏予定はないらしい…。

日本公演もあるようなので、興味のある方はぜひ。
[PR]

by parisnews | 2008-10-06 20:10 | 気になるアノ人  

ネマニャ・ラドウロヴィッチ

テレビのヴァラエティー番組で、注目のヴァイオリニストとして紹介されていたのがこの人
b0277212_4121165.jpg


風貌がクラシックっぽくなかったので、オーケストラの前でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を弾き始めた時にはちょっとびっくり。

特に最近のクラシック界に詳しい訳ではないのだが、自由に、楽しそうに演奏する姿にこれが天才と言うものかと圧倒された。

現在フランス国内をツアーで回っているようなのだが、残念ながらパリでの演奏予定はないらしい…。

日本公演もあるようなので、興味のある方はぜひ。
[PR]

by parisnews | 2008-10-06 20:10 | 気になるアノ人  

ナタリー・コシウスコ=モリゼ・エコロジー担当閣外大臣

フランスの女性大臣には、美人で若くて、できそうな人が多いと思うのだが、その中でも女優並みに美人で、しかもエリート街道をまっしぐらといえば、この人。



その名も、ナタリー・コシウスコ=モリゼ・エコロジー担当閣外大臣。

最近は所属政党の政治家を批判したりして話題になっていたが、まだ30代前半なのにただただ凄いと単純な圧倒されまくっている。

フランスには彼女のように若くても、女性でも、できればこうやって潰されることなくエリートを育てる環境があるんだなあ…。
[PR]

by parisnews | 2008-09-01 05:09 | 気になるアノ人  

ナタリー・コシウスコ=モリゼ・エコロジー担当閣外大臣

フランスの女性大臣には、美人で若くて、できそうな人が多いと思うのだが、その中でも女優並みに美人で、しかもエリート街道をまっしぐらといえば、この人。

b0277212_1972331.jpg


その名も、ナタリー・コシウスコ=モリゼ・エコロジー担当閣外大臣。

最近は所属政党の政治家を批判したりして話題になっていたが、まだ30代前半なのにただただ凄いと単純な圧倒されまくっている。

フランスには彼女のように若くても、女性でも、できればこうやって潰されることなくエリートを育てる環境があるんだなあ…。
[PR]

by parisnews | 2008-09-01 05:09 | 気になるアノ人  

佐渡 裕

最近日本の新聞や、雑誌で度々佐渡裕さんの記事を目にする機会があった。

10年以上も昔パリで3ヶ月ほど短期留学をしていた際に、ラムルー管弦楽団というフランスの聞きなれない楽団が、1日公開練習とその後コンサートを行なうというので出かけたことがある。

そこで、初めて知ったのが、首席指揮者だった佐渡裕(サドユタカ)さん。

その頃私はフランス語初心者で必死にフランス語を勉強している最中だった事もあり、音大の学生指揮者達に指導するコーナー等で、たどたどしいフランス語でもきちんとコミュニュケーションを取っている姿が印象的だった。

言葉ができなくても伝えるなにかがある人にはそれほど、障害にならないものだなと今でも時々思い出すことがあるほど。

b0277212_1954657.jpg

[PR]

by parisnews | 2008-08-26 20:08 | 気になるアノ人  

イヴ・サン ローラン

昨晩デザイナーのイヴ・サンローランが亡くなったそうだ。

フランスではこの名前を聞いたら有名ブランドの名前というより、デザイナーの顔をすぐに思い浮かべる人も多いのではと思う。

私もフランスで生活するようになってから何度かテレビなどで見かけたことがあるが、才能があるだけあって鋭い目つきの変人風の人だな(失礼)というのが第一印象…。

有名なフランスのデザイナーと言えば、他にもゴルチエやラクロワなど色々いるけど、この人はダントツで「ただ者じゃないな」という強いオーラが出ている。

テレビや雑誌で普通にインタビューに応じることもあまりなかったようなので、余計にミステリアスな印象を受けてしまうのかもしれない。

こういう人が社会で地位を築き、才能を発揮できるのは、やっぱり個人主義のフランスならでは?


[PR]

by parisnews | 2008-06-02 03:06 | 気になるアノ人  

イヴ・サン ローラン

昨晩デザイナーのイヴ・サンローランが亡くなったそうだ。

フランスではこの名前を聞いたら有名ブランドの名前というより、デザイナーの顔をすぐに思い浮かべる人も多いのではと思う。

私もフランスで生活するようになってから何度かテレビなどで見かけたことがあるが、才能があるだけあって鋭い目つきの変人風の人だな(失礼)というのが第一印象…。

有名なフランスのデザイナーと言えば、他にもゴルチエやラクロワなど色々いるけど、この人はダントツで「ただ者じゃないな」という強いオーラが出ている。

テレビや雑誌で普通にインタビューに応じることもあまりなかったようなので、余計にミステリアスな印象を受けてしまうのかもしれない。

こういう人が社会で地位を築き、才能を発揮できるのは、やっぱり個人主義のフランスならでは?

b0277212_1965313.jpg

[PR]

by parisnews | 2008-06-02 03:06 | 気になるアノ人  

イネス・ド・ラ・フレッサンジュ 

フランスの元祖トップモデルと言えば、イネス・ド・ラ・フレッサンジュ。

自身の名前でブランドを興したり、またその後そのブランドから追い出されたりしたことで記事なったのを見たことがある程度で、特に好印象を持っていたわけでもなかったのだが、先日ある記事でもう50歳であることを知りちょっとびっくりした。


雑誌で時々目にする彼女は、とても50歳の「おばさん」という感じではないからだ。

2年前旦那さんが急死して世間の注目を浴びていたが、その後明るい笑顔で子供と映っている写真を目にしていたので、もう元気に立ち直っているのかなと勝手に思っていたら、「今でも他の男性にと一緒の自分なんて想像できない」とインタビューに答えていたのが印象的だった。

b0277212_197364.jpg

[PR]

by parisnews | 2008-04-29 19:04 | 気になるアノ人  

カーラ・ブルーニ

思えば元モデルで現在は歌手として活躍中のカーラ・ブルーニも、色々なゴシップに縁のある人だ。

フランスに亡命したイタリアのすごい資産家の娘だということは有名な話だし、数年前は作家の娘(だったかな?)に、「恋人を横取りされた。」と訴えられ、同時に「全身整形手術であちこちいじっている。」と暴露されたのも記憶に新しい。

そう言えば去年だったか最愛の弟を何かの事故か病気で亡くしたことも報道されていた。

そして今日、ネット上でこれらを上回るすごいゴシップを発見!

なんと離婚して話題になったばかりのフランス大統領と恋人関係にあると週刊誌に報道され、本人も事実を認めたとあるではないか。

いくらなんでもこれってホント?と疑いたくなるようなすごい組み合わせ。

今日のお昼のニュースを早速チェックしなくては。


[PR]

by parisnews | 2007-12-17 20:12 | 気になるアノ人