人気ブログランキング |

カテゴリ:パン作り( 140 )

 

パン教室

近所のパン屋さんでパン作りの講習会を開くというので子供一緒に参加。

何か参考になる情報が聞けるかもと思って期待していたが、子供がメインの初心者の教室だったこともあり収穫は余りなかったのが残念。

b0277212_1265142.jpg

by parisnews | 2015-11-07 01:24 | パン作り  

プレッツェル

休み中、久しぶりに作ったパン。

二次発酵しないし、べたべたしない生地なので作りやすい。

b0277212_149325.jpg

by parisnews | 2014-08-22 01:50 | パン作り  

現在の我が家のパン

以前より少しペースを落として週に2.3回くらいのペースで作っているパン。

ほぼホームベーカリ100%使って作っているので、手作りとは言えないかもしれないが、最近やっぱりオーブンで焼くとおいしさがぜんぜん違うこともあり、朝6時ごろに一次発酵まで終わるようにセットしておいて、その後時間があれば成型し、なければ型に入れたまま、オーブンを余熱している間に2次発酵させ焼いている。

そうするとやっぱり焼き上がりがカリッとするばかりか、勢いよく膨らんでくれるので、パン全体の見かけも出来上がりも良く、家族にも好評だ。

ちなみに写真は生地を少しだけ取り分けて焼いたバゲットで、これは見かけもまずまずの出来。

b0277212_2371419.jpg

by parisnews | 2013-02-04 02:38 | パン作り  

久しぶりのバゲット

長男がバゲットを焼いて欲しいという。

ずっとホームベーカリーで楽してパンを焼いている私としては平日の朝のバゲットとは面倒くさい。

子供にも

「フランスパンは作るのが難しいんだよ。いつもうまく行かないから嫌だな。」

と言ってみたが、

「前は手で捏ねていたのに、機会つかっていんちきしているからだよ」

なんてことを言う。

仕方が無いので朝捏ねて休ませる所までホームベーカリーでやっておいて、早速成型に取り掛かる。

生地のふくらみ具合はいい感じだが、果たして焼いてみると....。


やっぱり皮の感じがお店とは違うもののまあまあのバゲットができた。

b0277212_2432747.jpg

by parisnews | 2012-07-18 15:07 | パン作り  

四角いフランスパン

フランスで「パン」と呼ばれるのは、バゲットのように卵や牛乳、砂糖が入っていない、ごくシンプルな材料で作られるパンのこと。

最近の我が家のパンも、この小麦粉、水、小さじ1ッ杯程のドライイーストを長時間発酵させて作るフランスパン。

バゲットが焼ければ良いが、準備と後片付けが大変なこともあり、ホームベーカリーで焼いた四角いパンなのだが、なんとなく卵や牛乳を入れて作っていたときよりも飽きがこないような気がするのだ。

b0277212_2432551.jpg


by parisnews | 2012-06-18 02:06 | パン作り  

プレッツェル

最近はホームベーカリに材料を入れて、焼き上がるまでほったらかしというようなパターンが多かったのだが、今週は夫が出張でいないこともあり夜なんとなく余裕があるので久しぶりに成型も焼成も自分でやってみた。

そして作ってみたのは最近の我が家のブーム?プレッツェル。

夫がドイツに行くとお土産に買ってきてくれるのだが、独特の塩味の弾力のある生地が癖になるおいしさ。

まさか自分で出来るとは思いもしなかったのだが、作ってみたら以外に簡単。

ベーグルのように発酵させずゆでて焼くのだが、その時に重曹をいれたお湯でゆでるのがあの独特の濃い茶色に焼き上げるコツなんだとか。

b0277212_317967.jpg



子供の世話をしたり、食事の支度をしたりしながらの作業で、うっかり1時発酵させてしまう結果となったが、見かけはともかくまあまあの出来。

ちゃんとプレッツェルの味になったので良かった♪

私は日本と同じ粉が手に入らないため、フランスのサイトを参考にしたのだが、クックパッドにはこんな素敵なレシピが紹介されていてやる気にさせてくれた。

by parisnews | 2012-02-02 06:02 | パン作り  

クリスマス限定!星型のパン

イヴの日に2年ぶりに作った星型のパン。

成型している時は、毎回

「あ〜あ、今年は失敗かな...」

と弱気になる私だが、焼いてみるとそれなりに形が整っているような気がするのが不思議。

今年も器用な義弟に手伝ってもらいながら無事完成できて良かった良かった。

b0277212_317427.jpg


by parisnews | 2011-12-27 15:12 | パン作り  

チーズのお供、杏パン

クリスマスイヴのために、取り合えずチーズと一緒に食べるための干し杏入りのパンを焼いてきた。

インターネットで見た「ポーリッシュ法」というのを試してみたのだが、作り方はまず分量の40%ほどの小麦粉と同量の水、イースト少量を混ぜて発酵させ、数時間後に残りの分量と一緒に混ぜると言うもの。

この作り方だと風味が良いパンができるというがどうかな?

久しぶりにオーブンで焼いたので、高温で焼きすぎて少し焦がしてしまったのが残念。

(粉が精製度の高い白い粉ではないので、普通の状態でも少し濃い目の色になるのは想定済みだったとはいえ、真っ黒になっている部分もあり、これは明らかに焼きすぎ!!

b0277212_317337.jpg


by parisnews | 2011-12-23 06:12 | パン作り  

ホームベーカリー

最近の私が焼いているパンは、もっぱら必要に迫られて焼くホームベーカリで最後まで焼いてしまうごく普通の、可もなく不可もないパン。

ホームベーカリだと火力が弱いのか、フランスパンは十分にカリッと仕上がらないので、少し前までは、卵と牛乳、バターを使った食パンやブリオッシュが大方のだが、これもいい加減飽きてきたので、最近はフランスパンの分量で、四角いパンを焼いている。

粉と水と塩、イーストだけのシンプルな分量で焼くと、なぜか膨らむタイミングがうまく行かず(例のごとくイーストを減らして発酵時間を自分で調節しているので)、なんだか硬い見栄えも味もイマイチのパンばかりしか焼けなかったのが、パリで一番おいしいバゲットを焼く店として最近賞を受賞した職人の方の記事を読んでいたら、

「家のパンはまず粉と水だけを良く捏ねて時間を置いて、それからイーストと塩を加えてパン作りを開始するんだ」

という説明をしていて、真似したところ、なかなかいい感じ。

火力が弱いので、しっかり焼きあがらないのは相変わらずだが、取り合えず膨らみ具合は合格点。


b0277212_3163810.jpg


by parisnews | 2011-07-07 02:07 | パン作り  

白いパン

私がパンを作る時は全粒粉とまでは行かないまでも、それに近い、焼き上がりが少し茶色ぽくなる粗めの粉を使うことが多い。

先日義姉が自宅近くにある製粉所で買った粉をくれたので、それを使ってパンを焼いてみた。

粉が軽いせいか、見かけは良くないものの、気泡の入った軽い歯ざわりのパンが完成!

b0277212_3162692.jpg


by parisnews | 2011-05-15 05:05 | パン作り