ナント旅行

奴隷貿易が行われていたその昔、ヨーロッパで一番大きな港を抱える街として栄えていたというナント。

学校で「ナントの勅令」なんてそういえば習ったな、位の知識しかない私だったが、奴隷貿易で栄えた街とは知らなかった。

そのせいで外国から持ち込まれた珍しい植物などがたくさん持ち込まれたそうで、その昔アジアより輸入されたアジサイは今では市を代表する花として親しまれているとか。

b0277212_1351890.jpg

[PR]

by parisnews | 2014-08-15 01:29 | 旅行記  

<< ナント旅行② 侍展 メルヘンの世界 >>