布オムツ

長男の時は大多数の人がそうするように、100%紙オムツで育てた私。

環境問題についてあちこちで議論が活発にされるようになった昨今、以前はまったく選択の中に含まれなかった「布オムツ」についての情報をちらほら耳にするように。

まずは、大学時代の友人が「二人目は布オムツでがんばっているけど、意外と楽だよ」と教えてくれたことに始まり、その時は「ふーん」位にしか思ってなかった。

ところが先日フランスの女性誌で

「フランスでは布オムツの利用率が5パーセントに対し、イギリスでは23%もの家庭が布オムツを使用。環境にも良いし、一人の子供当たり7万円も割安になるケースも。」

という記事を見つけてインターネットで調べてみることに。
b0277212_1971921.jpg



「きっとフランスではほとんど扱っていないだろう」と思いながら探したら、思いのほか扱っているメーカーネットショップがたくさんあってまず驚いた。

フランスでは年々有機野菜を初め環境に配慮した商品の消費量が増えているとは聞いていたけれど、布オムツもそういう流れの一環なのだろうか。

価格としては何枚オムツを揃えるかにもよるようだけど、一式揃えると安くても3万円くらいからで途中で挫折すると非常に勿体無い出費だな。

但し産休中に使用する紙オムツ代は少なくとも4万円位することを考えると、仮に復職後は断念してもやっぱり得かなと計算機を何度も叩きながら考慮中。

これだけやって帰って高くついたり、実はぜんぜん環境にもやさしくなかったりしたら(これってありがち)非常に馬鹿馬鹿しいことも確かなので、慎重に検討する予定。
[PR]

by parisnews | 2008-02-10 21:02 | 子育て  

<< 麻酔医の診察 ゴマバゲット >>