所持金600万円の物乞い

パリの待ちを歩いていると、年齢、人種、性別さまざまな人たちが物乞いをしているのを良く見かける。

ちなみに法律で「物乞い」の行為は禁止されている。

今朝のニュースで報道されていたのは、なんと合計40万ユーロ(日本円にすると600万円以上)にもなるお金を持ち歩いていたとされる高齢のホームレスの女性。

今まで恵んでもらっていたものがぎっしり入った鞄の硬貨を数えたら、こんな大金だったということでニュースで近所に住む人がインタビューされていたのだが、

「ああ、あの人が大金持っているって言うのは、皆なんとなく知ってたんじゃないかな。ぜんぜん驚かないよ。」

とか、

「昔、数十円の小銭をあげたら、その場で道に捨てられた事があるよ。」

なんていう面白いエピソードが一杯。

このおばあさん、気難しい性格でこの界隈では有名人だったらしい。
[PR]

by parisnews | 2007-07-11 20:07 | 今朝のニュースから  

<< チョコベーグル カシスのベーグル >>