ヒステリー

毎朝、毎朝保育園に行く時間になると、「行きたくない」とぐずりだすようになったH君。

その度になだめすかして連れて行くのだが、遅くても10時までには預けなくてはいけないと言う時間の制約があるために少しずつストレスを感じるようになった。

何度も何度も言い聞かせた甲斐があったのか、一度納得して出発すると保育園に着いてから泣きすがってくるようなことはないものの、着替えて家を出るのを嫌がるので無理やり手を引っ張って連れて行くわけにも行かずどうしたらいいのかわからないというのが現状...。

赤ちゃんの時は泣いていても、無理に連れて行くことが可能だったけど、3歳に近くになると体も大きいし、力もあるし、物事がわかってくるのでそういうことがだんだん難しくなるなあと日々実感している。

よりにもよって今日は朝10時から病院で超音波検査の予約が入っており、「明日は、検査があるから協力してね。」と子供に言い聞かせていたにもかかわらず、出かける直前に「行きたくない」と駄々をこね始めた。

検査は予約を取るのが難しく、「遅刻すると大変なことになるなあ」と焦って子供をなだめているうちに、ストレスが溜まっていたせいかとうとう私の方がヒステリーを起こしてしまった。

当然ながら息子は更に動揺して泣き叫び、そんな中時間は刻一刻と過ぎて行きどうしていいかわからない大変な状況へ...。

結局なんとか子供は納得して保育園へ行き、途中走ったりしたけど病院へは時間通りに到着。

それでもしばらくはヒステリーを起こした自分や、ここ数週間ほど毎朝間不安定な息子のことなどで動揺が治まらず、初対面の検査医の先生に「なんだか気が張っているみたいだけど大丈夫?」と心配される始末だった。

今朝の出来事はすべて「妊娠」という特別な状況が引き起こした一過性のものと考えて良いのだろか...。一抹の不安が頭をよぎる。
[PR]

by parisnews | 2008-01-22 20:01 | 子育て  

<< チューリップ レーズンパンとミルクパン >>