次男の病気

火曜日に保育園から電話かかってきて、次男が風邪で息をするとぜーぜー音がしているので、すぐに迎えに来いとのこと。

約2ヶ月ぶりの病気によるお呼び出しだが、前回も、今回も、ちょっと咳が出る程度で、熱もないし、食欲、睡眠ともに普段どおりで特に問題がないのに、結構神経質な保育園だな。

近所の小児科医で痰を出すためのシロップ、抗炎症材など4種類の薬を処方され、現在も咳止めスプレーは一日5回も与えている。

フランスは薬の消費量が飛びぬけて多いらしいが、10ヶ月の子供にこんなにたくさん薬を与えるなんて、やっぱりかかりつけの小児科医を変えたほうがいいのだろうか。
[PR]

by parisnews | 2009-01-16 23:01 | 子育て  

<< 週末のパン作り 薩摩揚げ >>