結婚5周年のお祝い

私達がまだ名古屋にいた頃からの数少ない知り合いである日仏カップルが、結婚5周年のお祝いをすると言うので本日も郊外へお出かけ。

実に3年ぶり再会で、初めてお邪魔した郊外の一軒屋は部屋が6部屋もありかなりの大きさのお庭つきだった。

3歳のお子さんを隣町の日本語学校に週2回通わせているらしく、現在の家を買ったのもこの学校に通わせるのが目的だったとか。

我が家も今後どうやって日本語教育を進めていくべきか帰りの車の中で夫と話あってみる。

バイリンガルといっても、ただ母親が日本人というだけではだめなのは分かっているけれど、あまり先のことまで考えていなかった私。

小さくて本人の意思がまだはっきりしないうちは親が日本語の環境を作ってあげるよう努力するべきだというのは夫の意見だけど、私は今のところは学校に行かせたりするのは気が進まない。

とりあえず本を読んであげたり、普段の生活でたくさん日本語ではなして考えさせる場を設けられるよう気にかけることから始めてみようかな。

b0277212_4123755.jpg

[PR]

by parisnews | 2007-07-01 05:07 | 子育て  

<< パリの貸し自転車 ヤスミンちゃんとアンブルちゃん... >>