18歳の誕生日会

夫の姪が3月末に18歳になった。

18歳はフランスでは成人にあたり、大多数は高校を卒業して次の進路に進む大きな節目の年で、盛大にお祝いをするらしく、昨日はその誕生日会。

その昔よくあった義姉の友人や、旦那さんの親戚一同など、たぶん10年以上あっていないと思われる人に再会したり、100歳の夫の祖母やつい最近家で転んで怪我をしたのをきっかけに老人ホームに入った98歳の祖父の姿はなく、義父母たちがグループの「お年寄り」となってしまったりと時の流れを実感した。

私がフランスに来た時には、まだ2歳くらいの可愛い赤ちゃんで、一家で最初の赤ちゃんで、可愛かっただけにずっとお姫様のようにかわいがられていたヴィルジニーがもう成人とは・・・。


b0277212_18323222.jpg








[PR]

# by parisnews | 2017-05-28 18:32 | フランスの家族行事 | Comments(0)  

国際母語週間

先週末から国際交流というか日本文化をフランス人に紹介するイベントがいくつかあり、参加する機会に恵まれた。

一つ目は近所の人から声をかけてもらって、フランスでも人気を集めつつあるお弁当をづくりを紹介する公民館のイベント。
短時間で結構美味しそうなお弁当ができて、参加者もよろこんでいた模様。

近所の公民館は図書コーナーに日本を紹介する本が色々置いてあったり、今は大きな鯉のぼりが飾ってあったりとなぜか親日的。

その3日後には次男の学校で外国人の親に母国語を紹介しにきてほしいという案内があり、日本語を紹介するために会社を休んででかけてきた。

なにせ先生とは何の打ち合わせもなく、ひらがな表と折り紙を準備しながら安請け合いしたことを後悔しながらでかけたのだが、好奇心旺盛な子供の反応がすこぶるよく、たくさんエネルギーをもらって帰ってきた。


どちらのイベントも写真を取ることができず残念!



[PR]

# by parisnews | 2017-05-21 13:07 | 子供のフランス語 | Comments(0)  

9才の誕生日会

3月は子供二人が生まれた月なので、毎年お祝いの準備で何かと忙しい。

ただし今年からは長男が中学生ということもあり、学校でのお祝いはさすがになく、

「誕生会じゃなくて少ない人数の友達に泊まりに来てもらう方がいいな」

というので、いつもより準備が楽だった。

あまり行儀が良くない次男なので、友達も似たようなタイプが多く、家にずっと籠っていると何か物でも壊されかねないので、あまり天気が良くなかったのだが外でしばしばサッカーのトレーニングと称して体を動かし、体力消耗してもらった。

b0277212_02283133.jpg

[PR]

# by parisnews | 2017-03-18 17:26 | 子育て | Comments(0)  

2017年

206年はテロがあったり、転職活動のせいで前もって休暇の予定も立てられず、公私ともどもあまりぱっとしない1年だった。

クリスマスはいつも通り義父母の家で100才の夫の祖母も欠席することなく、誰も病気になることなく全員お祝いできたのはありがたい。

義母の言う通り、全員でお祝いできることに感謝してなくては。

b0277212_18241210.jpg


[PR]

# by parisnews | 2017-01-02 18:24 | フランスの家族行事 | Comments(0)  

大気汚染

パリは先週半ばから大気汚染のせいで走行車の規制中。
気流の関係で有害な汚染物質が大気の低い位置に停滞したままの状態が続いている。

エッフェル塔の上のほうが霞んで見えないのは大気汚染のせいだったのか...。

b0277212_00093599.jpg

[PR]

# by parisnews | 2016-12-11 23:58 | Comments(0)  

栗拾い

明日がキリスト教の全ての聖人と殉教者を記念する万聖節」ということで祝日。 

現在学校も秋休み中で休みのフランスでは今日も休みにして連休にしている人が多く、我が家もお天気が良いこともあり近所の森へ栗拾いへ。

小さいころから松ぼっくりなどlちているものをひたすら拾うのが好きな次男が、道に落ちている食用にならないという立派な「栗」を集めているので調べてみると、西洋トチノキの実(西洋トチノキはマロニエのこと)というらしい。

森で見つけた栗はかなり小ぶりで、

「こんなの拾っても皮をむくのが大変な割においしくなかったりして」

と半信半疑の私だったが、オーブンで焼いたら意外と甘くおいしかったので、明日は頑張って指が痛くならない程度に皮むきに精をだし、お菓子にでもしてみようかな?

b0277212_03215614.jpg


[PR]

# by parisnews | 2016-11-01 03:24 | フランス生活 | Comments(0)  

Green Factory

今週末はその昔パリで語学学校の生徒だった時に一緒のクラスで仲が良かったドイツ人のオリヴィアの誕生日会に出席するためドイツ シュトゥットガルトへ家族で旅行する予定。

フランスもそうだけど、ドイツもそれ以上に盛大に誕生会をする習慣があるらしく、きっと数十人の人を招待して盛大にお祝いするのかな?

そんな訳で近所のデパートにプレゼントを探しにいって、偶然見つけた瓶に入った盆栽

重いのと植物が自分で酸素を作るのに光が必要ということで、ちょっと長時間の移動は難しいかなと購入は断念したものの、いつか自分にほしいなと思いながら売り場を後にした。

b0277212_23405549.jpg

[PR]

# by parisnews | 2016-10-18 23:41 | あんなモノ、こんなモノ | Comments(0)  

中学生

長男がこの9月から中学に入学した。

日本と違い、小学校が5年間しかないので、日本の小学六年生がフランスの中学1年生にあたる。

場所が近所なので通学は問題ないものの、これまでと違い、毎日の時間割にあわせて教科書を用意したり、教科ごとに部屋が変わるので毎回教室を移動したり、色々となれないことが多い。

ちなみに先生が学校を休んで休講なんてことも頻繁にあるらしく、急に空き時間ができて一旦家に帰ってくるなんていうまるで日本の大学生みたいな状況にも対応しなくてはいけない。

それ以外にも驚くことがたくさんあり、例えば大きい雑誌サイズの教科書がやたら重く、重いときは8キロもあるリュックを背負って学校に通う必要があったり、立派な教科書は学校からの貸し出しで1年だったら返却しなくてはいけないので何も書き込めないという。

先日説明会に出席したところ、中学校の校長先生やその他担当者は全員てきぱきした女性で、頼りになりそうな雰囲気で安心したものの、毎日の時間割が頭に入るまで何かと気が抜けない毎日になりそうだ。

[PR]

# by parisnews | 2016-09-15 17:46 | 子育て | Comments(1)  

100歳になりました

夫の祖母がめでたく今年の夏100歳になった。

さすがに100歳ともなると視力が落たせいで読書が出来なかったり、耳が遠くなりテレビの音が聞こえなかったり色々不便もある様子だが、歩行器があれば一応歩くこともできるし体は至って丈夫な様子。

ノルマンディーのレストランで家族14名が集まってお祝いをした。

b0277212_1710755.jpg

[PR]

# by parisnews | 2016-09-10 13:00 | フランスの家族行事 | Comments(0)  

いつもと違う夏休み

今年の夏はちょとした親子間のいざこざで、

「もう我慢の限界だ!」

と夫が突如家を借り、義父母の家にはたまによる程度といういつもとちょっと違う夏休みになった。

なぜか家事を何も手伝わない義姉一家と不機嫌な義父母の間で右往左往するのに疲れたというのがその理由なのだが、夫も何かともめがちな自分の母親には特に説明もせず、父親だけに報告していきなり家を借りたという経緯もあり、義母の機嫌がますます悪くなるという副作用も。

写真は次男のウィンドサーフィン個人レッスンの様子。

b0277212_17132190.jpg

[PR]

# by parisnews | 2016-08-19 17:11 | フランス生活 | Comments(0)